同窓会組織

2015年度 近江兄弟社学園同窓会役員・幹事

役 職 氏 名(卒・回)
顧問 長谷川郁子(高・5) 宇野 優邦(高・9) 池田 健夫(中・11)
益田 学(高・15)    
会長 筈井 昌彦(高・16)    
副会長 松宮 貢(中・34) 小西 勉(高・25) 田中 康博(高・26)
大野 るり子(高・28) 三崎 圭三(中・32) 三原 康郎(高・40)
会計監査 武倉 克晃(高・6) 田中 浩一(高・9)
幹 事 岸本 洋子(中・12) 堀井 規弘(高・48) 夏原 善治(中・33)
東森 俊之(高・15) 森 治雄(中・13) 大原 義彦(中・26)
豊田 美栄(高・10) 櫻井 順子(高・47) 菅澤 絵里子(高・45)
佐藤 弘明(高・15) 馬場 啓壮(高・30) 淵上 清二(高・18)
川森 勇次(高・40) 新家 美静(高・33) 岩原 努(中・35)
小西 励(高・29) 本村 隆行(高・33)
松山 敦司(高・40)
立岡 希夫(高・32) 今井 久文(高・40) 上田 千代美(高・33)
足立 看菜子(高・41) 長尾 令子(高・41) 南 雅樹(高・40)
川嶋 勇次(高・41) 谷田 裕己子(高・42) 大橋 仁(高・41)
北脇 曻(高・15) 嶋影 淳子(中・18) 山田 祐貴子(高・42)
千田 敦子(高・43) 道城 牧人(中・48) 小井 ひとみ(高・43)
中島 左和子(高・44) 濱田 和典(高・44) 下村 愛(高・44)
菅原 あかり(高・45) 藤林 圭菜(高・45) 上田 哲史(高・41)
小倉 之子(高・34) 堀川 徳子(中・47) 雁行 隆司(中・45)
西脇 大史(高・46) 小田 聡子(高・34) 西川 愛(高・40)
冨田 朋代(高・47) 川村 洋子(高・4) 三崎 清治(中・30)
森本 清高(高・47) 岸田 真由紀(高・47) 大上(小・27)
笹尾 聡美(中・35) 山村 三恵子(中・47) 松永 圭子(幼・51)
各校園部長 こどもセンター 増田 ひとみ(幼・38)
小学校 檜山 秋彦(小・3)
中学校 徳永 久志(中・32)
高等学校 武倉 克晃(高・6)
女学校・高等学校定時制 川添 洋子(定・12)
関東支部長 河野 悠(高・14)    
学内幹事
(学園職員)
大西 恵子(高・55) 八田 和晃(高・55) 森田 一生(高・27)
中島 薫(小・22) 安川 千穂(高・35) 冨永 舞(高・50)
佐藤 理恵(高・49) 明﨑 泰輔(高・53) 大河原 智也(高・38)
服部 佑香(中・54) 飯田 安津(高・54) 加納 麻奈(高・59)
中西 正作(中・32) 村田 早智子(高・50) 内片 葵(高・57)

衛藤 久美子(高・30)

植田 絢(高・56) 岡田 和香(高・61)
衛藤 聡(高・57) 田口 真理子(高・60) 田中 絵梨(高・58)
深尾 敏子(高・30) 木村 純子(高・51) 吉井 昭子(高・40)
伊藤 幸代(高・49) 小倉 明日馨(高・57) 浅居 正信(高・41)
坪田 達也(高・58) 田中 菜津美(高・57) 宮﨑 景子(高・57)
三谷 麻理子(高・56) 伴 美希(幼・73) 奥田 忍(小・19)
池田 恵美子(高・52) 太田 香織(高・59) 辻 友子(幼)
事務局長 青木 香麻利(高・33)    
会 計 道城 康代(高・44)    
事務局 山中 昭美(高・33) 山本 典子(高・47)  

2015年度 役員・幹事担当部署一覧

> 担当部署一覧(PDFが開きます)

近江兄弟社学園同窓会会則

第1章 総則

第1条
本会は近江兄弟社学園同窓会と称し、その事務局を近江兄弟社学園内に置く。
第2条
本会は近江兄弟社学園の精神に基づき会員が協力して会員相互の福祉を増進し、母校の発展を図ると共に会員相互の連絡を密にし親睦をはかることを目的として、下記の事業を行う。
  1. (1) 名簿・会報の発行
  2. (2) 講演・懇談会その他の会合の開催
  3. (3) 母校の諸行事への賛助
  4. (4) その他本会の目的を達成するために必要な事業

第2章 会員

第3条
本会は下記の会員からなる。
  1. (1)普通会員:近江兄弟社学園(こどもセンター、小学校、中学校、高等学校、同定時制部おび女学校)
       を卒業した者
  2. (2)特別会員:本学園の教職員および旧職員

第3章 役員・事務局

第4条
本会に下記の役員・事務局を置く。
  1. (1)会長:1名
  2. (2)副会長:各事業部長
  3. (3)事務局長:1名
  4. (4)幹事:学外幹事及び学内幹事(学内幹事は学園に勤める職員)
  5. (5)監査:2名
  6. (6)事務局:若干名(書記及び会計:1名)
第5条
役員の任務は下記による。
  1. (1)会長は会務を統轄し、本会を代表する。
  2. (2)副会長は会長を補佐し、会長に事故のあるときはその職務を代行する。
  3. (3)事務局長、書記および会計は会務を分掌する。
  4. (4)幹事は会長の諮問に応ずる外、会員を代表して事業の企画運営にあたる。
  5. (5)監査は本会の会計等の監査にあたり、その結果を総会に報告する。
第6条
役員の選任は下記による。
  1. (1)会長・副会長は役員会において選出し、総会で定める。
  2. (2)事務局長、書記、会計および監査は会長が委嘱する。
  3. (3)幹事は第4章に定める部会長、支部長および事業部長と、会長が委嘱する者若干名とする。
第7条
役員の任期は下記のように定める。
  1. (1)役員の任期は2年とし、重任をさまたげない。

第4章 部会、支部および事業部

第8条
本会には次の部会、支部および事業部を置く。
  1. (1)部会:こどもセンター部会、小学校部会、中学校部会、高等学校部会、
        高等学校定時制部会および女学校部会
  2. (2)支部:関東支部
  3. (3)事業部:クリエイティブ部、会報部、プレイグランド部、学園との連携事業部、
       組織づくり部およびヴォーリズ・満喜子顕彰部また、年度において臨時の事業部を置くことができる。
第9条
部会、支部および事業部にはそれぞれ部会長、支部長および事業部長を置き、兼務を妨げない。
第10条
部会、支部および事業部の設立および廃止に関することは役員会において定める。

第5章 総会および役員会

第11条
総会は本会の最高会議とし、原則として毎年4月に開く。
  1. (1)会員50名以上の要求があった場合、または役員会が必要と認めた場合、
       会長は臨時総会を招集することができる。
  2. (2)総会の定数は100名以上とし、議決は出席者の過半数をもって成立する。
  3. (3)総会の開催においては、準備委員(36歳、48歳、60歳の代表)を置き、準備委員会を設ける。
第12条
役員会は必要に応じ開催し、やむを得ない時は役員会の決議を以て総会の決議に代えることができる。ただし会長は次の総会においてこれを報告し、その承認を求めなければならない。
  1. (1)役員会の定数は10名以上とし、議決は出席者の過半数をもって成立する。

第6章 顧問

第13条
本会に顧問若干名をおくことができる。
第14条
顧問は会長が委嘱する。
第15条
顧問は会長の諮問に応じ、各種会議に参加する。
第16条
顧問の任期は特に定めない。

第7章 会計

第17条
本会の経費は入会金、会費、寄付金およびその他の収入を以てこれにあてる。
第18条
入会金は入会の時に納める。
第19条
会費は終身会費および年次会費とする。ただし、年次会費5回相当分を以て終身会費とする。
第20条
入会金および会費の額は役員会で定める。
第21条
本会の会計年度は3月1日に始まり、2月末日に終る。
第22条
部会、支部会、クラス会等開催する場合は本会から補助金を交付し、また本会に動行等を報告するものとする。但し、補助金については、5~9名(3,000円)、10~39名(5,000円)、40名以上(10,000円)とする。

付則

第23条
この会則の改正は役員会の決議によって行い、会長が定める。
  1. (1)こどもセンターについては、各園3万円を同窓会入会金とし、名簿の登録費、管理費に充てる。
制定:1970年4月11日
改正:1990年2月4日
   1998年5月25日
   2001年3月24日
   2011年4月23日
   2013年2月9日(こどもセンター)
入会金:5,000円  年次会費:3,000円  終身会費:15,000円 

同窓会組織

ページトップへ